【α6000】sonyのミラーレスカメラをほぼ毎日使うblog【NEX】

略して『ほぼ毎。カメラ』。デジタルカメラ初心者が苦労しながら楽しみながらミラーレス一眼をほぼ毎日使ってみる記録blogです。iPhoneやMacBookといったApple系のあれこれやガジェットも。走りながら写真や動画を撮影する「撮るラン」も楽しんでます。

f:id:k-penguin:20150820235029p:plain f:id:k-penguin:20150820235118p:plain f:id:k-penguin:20150820235234p:plain f:id:k-penguin:20150805175119p:plain f:id:k-penguin:20150820234626p:plain

【α6000&NEX-5】これまで使ったレンズまとめ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 まだまだ少ないですが僕が【α6000&NEX-5】と共にこれまで使ったレンズをまとめてみたいと思います。

SONY 標準ズームレンズ E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855

 ダブルレンズキットの1本。少しサイズはありますがとにかくまあ便利なレンズです。

 35mm換算で広角の【27mm】から中望遠の【82.5mm】までをカバー。便利すぎて他のレンズに興味がなくなってしまうので危険です。まあ他のレンズにどんどん興味が出てしまうのも危険といえば危険ですが。。。

 

SONY 薄型広角レンズ E 16mm F2.8 SEL16F28

 ダブルレンズキットの1本。35mm判換算で広角【24mm】。風景や建築物の撮影にはとても良いです。

 F2.8ということで「ボケ味」も十分に楽しめます。薄さ【22.5mm】重さ約【67g】ととにかく軽量・コンパクト。

 このレンズで「狭い室内での人物スナップ」を撮りまくったことで周辺の歪みが気になってきて「もうちょっとだけ狭いレンズが欲しいなぁ」と思い始めました。

 

SONY E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

 はじめて買った単焦点レンズがこのSEL50F18。35mm換算で75mmなのでポートレート撮影向きです。

 「人撮り」「表情撮り」狙いな僕にはほんとに最適なレンズでしばらくはこれと【16mm1.8】の2本がメインレンズになってました。

 とにかく【F1.8】という明るい純正レンズが2万円台ですからね。「初めての単焦点レンズ」としておすすめです。

 

SIGMA 交換レンズ 30mm F2.8 DN Black ソニーE用

  「人撮り」メインだと【16mm】じゃ広角すぎるし【50mm】じゃ望遠すぎる!という場面がほんとに多いです。室内での撮影なんかだと特に。

 そんな時に出会ったのがこのレンズです。35mm換算で45mmといわゆる「標準」域のレンズです。

 2014年8月現在2万円前後とほんとにコストパフォーマンス最高です。旅行でも飲み会でも子供撮りでもこのレンズ一本あればほぼ困ることはないでしょう。

SONY Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA SEL24F18Z

  ついにこの一本を購入してしまいました。夢のSonnarレンズ。

 35mm換算で36mm。そしてF1.8。解像度も素晴らしい。「画質」も「画角」も「ボケ味」も何も諦めなくていい最高の一本だと思います。

 α6000とこのSEL24F18Zのセットが「ほぼ毎。カメラ」いちおしセットです。

 

 2014年8月現在で実売7〜8万円と決して安くはないですが文句なく☆5つです!

 

[まとめとちょっとした妄想]

 というわけで現在k-penguinの撮る写真はα6000SEL24F18Zで90%以上。たまにSEL50F18という感じです。やっぱり「人撮り」「表情撮り」だとF1.8の魅力は大きいです。

 

 24mm-55mmあたりのF1.8通しのレンズがあればそれなりの値段出してもいいんですが。シグマの18-35mm F1.8ってEマウントでも出ないですかね?

 

f:id:k-penguin:20150820235029p:plain f:id:k-penguin:20150820235118p:plain f:id:k-penguin:20150820235234p:plain f:id:k-penguin:20150805175119p:plain f:id:k-penguin:20150820234626p:plain

/*目次折りたたみここから*/ /*目次折りたたみここまで*/